Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2014年1月15日水曜日

swissstop Flash Pro BLACK PRINCE

 ブレーキシューの交換です。
 FFWDを購入してからはFFWD付属のスイスストップFLASH PRO イエローキング(FFWDロゴ付き)を使用してました。もう限界間近のシューを長い事引っ張ってきましたが今回からイエローキングは卒業します。

swissstop Flash Pro
BLACK PRINCE


 カーボンリム用のシューで色は!コレが重要です。黒だとリムのブレーキ面の汚れが目立たないんですよね。これまでのイエローキングだと、そこが黄色く汚れちゃって意外と気になる訳です。

 それでは早速交換作業に入ります。

 現在のシューはこんな感じです。


 ブレーキダスト排出用の溝がほとんど確認できませんね~。


 パッケージから新しいシューを取り出します。黒光りするゴツゴツしたブロックに黄色いロゴが映えますね♪


 シューには裏面に「RIGHT」「LEFT」の文字が刻印されていて左右の指定があります。


 前後の向きも指定ありです。
 「←FORWARD」の向きが進行方向=タイヤの回転方向です。


 シュー舟をバラして洗浄。リアの方が泥ハネの影響が多いのか汚れてますね。


 向きを確認して舟にシューを差し込みます。


 ブレーキアーチにセットしたら仮止めしてトー角のセッティングに入ります。進行方向=タイヤの回転方向に対してトーインになるようにシューに角度を付けます。これによりブレーキの無駄な音鳴りを防ぎ、スムースな制動を行えます。


 トーインの角度はわずかで良いので写真のように厚紙をシューとリムの間に挟むといいです。名刺など厚紙程度で大丈夫ですね。今回はシューのパッケージを利用しました。シューの後ろ3分の1程度を目安に挟み込んで、ブレーキレバーを握った状態でシュー舟のボルトを締め込んで固定したら完成です。


 ごくわずかですがシューに角度が付いているのが分かります。(分かりますよね…?)


 後ろブレーキも同じように調整しながら取り付けて完成♪


 シューの変更なんで見た目に大きな違いはありませんが(笑) あ、付属のステッカーはシートチューブのツールボックスに貼ってみました♪これまでの黄色いシューの代わりになればw

 さっそく試走して掛かり具合を確認します。

 購入店の商品説明によると・・・

 従来のイエローキングより摩擦熱も低くウェット時でも高い制動力を達成。 ブラックカラーを採用したのでリムへのマークが目立たなくなります。 イエローキングと比較してブレーキの引く力に応じて、より高い制動力が得られます。

 イエローキングよりも性能アップって事でOK?
 説明の通り、レバーを握る力の加減でジワーっと調整ができる感じがします。基本的にウェットコンディションでは乗りませんが、万が一の時も安心かな。

 しかしブレーキダストが凄い!!イエローキングの時も気にはなってたけど黄色いから目立たなかったんですが、フレームに飛び散ったブレーキカスが逆に目立つようにww


 こればっかりはフレームカラーとの相性ですね…(^_^;)


パッケージ裏面
ちなみにwiggleの商品説明は、なぜかどのグレードも“全て”のリムに使用可能と表記されています(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿