Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2013年10月28日月曜日

SONY Xperia Z1 【SO-01F】

某日、スマホの機種変してきました。

任期満了の2年まであと4ヶ月ありましたが最新機種の魅力には勝てませんw

SONY Xperia Z1 【SO-01F】


2012年2月に購入したXperia NXに変えて我が家にやってきました。しかし購入時にはひと悶着ありましたよ(笑)
某家電量販店で購入手続きを済ませて登録作業待ちで30分ほど時間を潰し、指定された時間にカウンターへ行くと・・・。

店員『すみません。通話テストは問題なかったんですが、データ通信が出来ないので今調べているところなんです。もう暫くお待ちいただけますか?』

しょうがないのでカウンターで座って待機。なんだ?初期ロットの不具合か?なんて考えながら様子を見守る。黒縁眼鏡っ娘はドコモのサービスセンターとやり取りしながら目の前で設定を弄ってました。私はSPモードではなくmoperaUでプロバイダ契約してるんですが、APN設定でそれを選択しても通信が出来ない・・・。

いろいろ試した結果、ネットワークパスワードを確認の上、ドコモショップで対応してください。との事で一旦店を出ました。ネットワークパスワードなんてどっか控えてたかな~??とりあえず所用を済ませて通りかかったドコモショップに駆け込んで状況を説明して調べてもらおうとしたら設定した覚えもないのにロック画面でパスワードの入力を求める表示が・・・。このままじゃ何も出来ないので強制初期化の刑に処されました・・・。

そして数分後。

スタッフ『えっと・・・、moperaUの契約が外されてますね・・・。』



は???



なんと!!購入時に間違ってプロバイダ契約を更新していなかったみたいなんですwww
そりゃデータ通信出来るわけないわwww
黒縁眼鏡っ娘めwwww

なんとも無駄な時間を!なんか対応してくれたお姉さんに悪いので画面保護シートを購入して帰りました。めんどくさがらずに真面目に対応してくれてありがとうございました♪


というわけで先ずは外観から。


HOMEアプリは先代より引き続きADW Launcher EXを使用。


先代Xperia NXとの比較。ふた周りくらい大きくなった感じ。液晶サイズも4.3から5.0へ。


背面はNXがマット仕上げ、Z1はフラットなガラス仕様。


電源ボタンは右側面で押しやすくなり、Xperiaシリーズの顔となりつつある金属製のデザイン。
外枠はアンテナの機能も兼ねた継ぎ目なしのアルミ削り出しで高級感もバッチリ♪


前面下部にSONYのロゴ。上部にはドコモのロゴが・・・。いらんけどw


ついに実現したキャップレス防水のイヤホンジャック!


手に持った感じ。結構デカイ!片手で扱うには限界な大きさかな??


SONY Xperia NX/Z1 緒元比較

NXZ1比較
サイズ(高さ)128mm144mm+16mm
サイズ(幅)64mm74mm+10mm
サイズ(厚さ)10.6mm8.5mm-2.1mm
質  量144g171g+27g
連続待受時間(3G)約400時間約740時間+340時間
連続待受時間(LTE)---約610時間+610時間
ディスプレイ種類HD Reality Displayトリルミナスディスプレイ 
for mobile
---
ディスプレイサイズ約4.3インチ約5.0インチ+0.7インチ
解像度(ドット数)HD:1280×720フルHD:1920×1080---
電池容量1700mAh3000mAh+1300mAh
CPU1.5GHzデュアルコア2.2GHzクアッドコア---
O  SGoogle Android 2.3Google Android™ 4.2.2---
RAM1GB2GB+1GB
ROM32GB32GB---
メインカメラ有効画素数約1210万画素有効画素数約2070万画素---
防  水×IPX5/8等級---

大きさ、重量は増してるけど厚みが減ってる分持ちやすいのかな。性能はこの1年8ヶ月で大幅に進化しましたね~。メモリが2GBもあるしCPUもクアッドコアで動作はサックサク♪LTEの通信速度もFOMAに比べたら桁違いで快適すぎる!バッテリーもほぼ倍になった事で一日持たなかった電池も余裕です。起床から就寝まで余裕を持って使えますね~。

付属品は卓上ホルダワンセグ/フルセグ用のアンテナのみ。AC電源ケーブルも付いてません。まぁコレはNXのを代用すれば問題ないですね。卓上ホルダは本体の接触端子とマグネットでくっつく仕様になってます。これ意外と便利~♪

カメラはSONYの誇るGレンズを採用し、センサーはコンパクトデジタルカメラ並の大型1/2.3型ソニー製CMOSイメージセンサーExmor RS for mobile。Xperia™史上最高画素数、約2070万画素のセンサーを搭載しています。性能は申し分なくレスポンスも良いので撮りたいときにすぐ撮れます。しかも機能を追加でダウンロード可能♪

FBでリアルタイムでのライブが可能なSocial liveとか面白い機能も。


ARエフェクトは画面上に恐竜や植物がワサワサ生えてきますw


ピクチャーエフェクトも豊富に搭載。


タイムシフト連射はシャッターの前後1秒間で合計60枚の撮影が可能!


決定的なチャンスを逃さないですね!スポーツの撮影とかに力を発揮しそうです♪

さてさて、あとは自分が使いやすいようにカスタマイズしていくわけですが、先ずは壁紙をビアンキ仕様にしましょう♪今まで使ってた壁紙がお気に入りですので引き続き使用したいのですが…。

これが自作したNXの待受け画面


せっかく機種変したし少しだけ気分一新!壁紙をアプリのフィルター機能でレトロ風にしてみたらいい感じに仕上がったのでコレを採用♪


壁紙に設定するとこうなりました!


いいんじゃね??しばらくはコレで行きましょう♪

あとはPCから音楽を転送したりウィジェットやフォルダーのカスタムしていきましょう。使ってないアプリはコレを機に一掃してスッキリ♪

あ、新しいケース買わなきゃな。前回同様バンナイズ製が欲しいけどな~。

0 件のコメント:

コメントを投稿