Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2011年11月22日火曜日

FFWD 【取付編】

さて前もって届いてたチューブラータイヤをFFWDに取り付けます。
初めてのチューブラーにドキドキです。

タイヤはVittolia CORSA EVO CX


定番のチューブラー。評判も良い。


一晩ホイールに嵌めて馴染ませておいたタイヤを一旦外します。

チューブラタイヤはホイールに取り付けるのにリムセメントかチューブラーテープを使うんですが、悩んだ挙句、何事も何事も経験だろう!ということで低コストだけどめんどくさそうなリムセメントに決定。

パナレーサーのリムセメント





懐かしのボンドの匂いがするw
そしてドロドロ感がパネェw



ネットで調べた作業手順は以下の通り。

●ホイールの接着面を綺麗に掃除。
●ベース作りのために薄く均等に塗る。
●触ってべた付かない程度に乾いたら二度目を塗る。
●同じく手に付かない程度になるまで乾燥。
●タイヤの内側にも薄く塗っておく。
●セメントが乾いたらタイヤに2barほど入れてホイールにタイヤを嵌める。
●タイヤのセンターがずれていないか確認。
●センター出しが完了したら規定値まで空気を入れる。
●一晩寝かせて完成!

ネットで見てると作業台に振れ取り台を使ってる方が多かったですけど、そんなもの持ってない・・・。
代わりを探してたらいいのがあった!



先代のニローネのフレーム!!

両方同時に作業できて便利ww
クルクル回しながら快適に作業が進みましたが、夜のガレージは寒かった(笑)

貼り付けまで順調にこなし、問題のセンター出しはタイヤの精度にも助けられてなんとかクリア。
センターが出ないと性能がフルに発揮されないからな。クリンチャーには無い作業だ。

センター出たら空気を入れる。
10barほど入れて一晩放置して定着させます。

初めての接着作業だけど、薄塗りすぎないかとか心配っちゃ心配w
接着が甘いと走行中に外れたりするから危険だよね。

実走までは不安だが。

続く

0 件のコメント:

コメントを投稿