Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2009年11月2日月曜日

バッグインプレ etc・・・

今回は、とある方からのリクエストで、とある製品のインプレッション日記です。

今回ご紹介する商品はこちらーっ!! (※ジャパネットタカタ風w)

deuter Race EXP Air


 ドイツの有名なバックメーカー、ドイター社の自転車用バックパックです。 5月に購入して一夏使ってみてのインプレッション。

 リュックって普通に背負ってるだけで背中が蒸れて不快指数急上昇!汗かいて気持ち悪いし服には汗染みがジワ~っと…(涙)なのに自転車に乗って長距離を走るとなれば尚更背中の蒸れは大敵。それを解消してくれるのがこの商品。


ご覧下さいこちらのメッシュ!!! (※ジャパネットタカタ風w)


 リュックの背中部分と背中が、全面メッシュの素材を挟む事で直接触れないようにしております。エアコンフォートシステムと言うらしいです。このメッシュのおかげでリュックと背中の間の通気性が保たれ、あの不快な蒸れから開放されるという訳です。(なんかのCMみたいだな…) 実際、5月の梅雨時から南国鹿児島の暑い夏を毎日の通勤で使いましたが、想像以上に快適でした。もちろん汗はかきますが背中がビッショリ濡れるような事もなく、もちろんリュック自体に汗が染み込む事もありません。


 リュックの特性として、頻繁な荷物の出し入れが苦手なのはしょうがないですが、荷物が増えてもジッパーを開けると容量が2リットル増やせるし、ヘルメットも収納できるネットも装備。さらには突然の雨にもレインカバーで対応可能(多少の雨ならカバー無しでも撥水してくれます)。


 内側にはメッシュポケット等もついてて何かと便利。通勤だけじゃなくツーリングにも十分対応出来そうな作りですね。オススメの一品です。


 実は最近は荷物の取り出しが容易なメッセンジャーバッグを使ってまして、ついでにそちらも紹介したいと思います。


続いての限定商品はこちらーっ!! (※ジャパネットタカタ風w)
deuter トランスポーターAS


同じくドイツ、ドイター社の製品です。

 リュックと違って片方の肩に負担が掛かってバランスが崩れるのはしかたないですが、荷物の出し入れはやっぱり楽♪普段の街乗りや通勤には便利ですね。容量もリュックと変わらないし、防水機能も問題なし。

 ドイター社のエアストライプシステムで背中の蒸れも問題なし。こちらは先ほどのエアコンフォートシステムと違って、通気性の良いパッドを配置して快適性を確保するタイプです。


こちら2種類のバッグ、上手く使い分けて愛用したいと思います。


最後に、メンテナンス用のオイルが切れたので昨日買ってきたのがコレ↓


FINISH LINE WAX LUBRICANT

 なにやら普通のオイルと違って、油性じゃないみたいです!特殊なワックスが表面を乾燥させて泥の付着を防ぐらしい。火山灰が舞い上がる鹿児島には最適ぢゃね?? んで効き目の方はというと、昨日きれいに洗車してチェーンやその他可動部に塗りましたが・・・。


すんげーーーーーーーーーーー滑らか!!!!


 シフトチェンジからチェーンの動きなど、機械的な感じが全く無い。 ホントに滑らかです。しかも全然ベタつきません。チェーンのオイルって大抵べたついてあちこち汚れるんですが、それがないのは気持ちいいですね♪こりゃ今後も継続決定ですな~♪



詳しい情報は明日の朝刊折込チラシでご覧下さい!


以上、ジャパネットがお送り致しました(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿