Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2010年7月13日火曜日

クライフの呪縛

「準優勝」

・・・というのが一番悔しいと、個人的には思ってます。


 あと一歩で届いたはずの栄冠。そしてそれを逃したときに眼前に繰り広げられる勝者の宴。仮に今大会、日本が準優勝だったら、良くやったと喜んでいると思う。現段階では日本がファイナルに来た時点でミラクルだからね。負けても失望なんてあり得ない。


オランダは違う。


 決勝戦を見て、こんなに落ち込んだワールドカップは初めてだった。期待と不安が入り交じりながらも決勝まできたオランダには、やはり期待せずにはいられなかった。



2010FIFA World Cup 南アフリカ大会ファイナル


オランダ × スペイン


0-1(延長戦)



 70年代、トータルフットボールのクライフを擁し、2大会連続準優勝で世界を席巻したオランダ。あれから32年。三度目となる決勝戦の相手は、奇しくもオランダの英雄クライフの理想を継承するスペイン。



 華麗なパスサッカーで自分達のスタイルを貫いて優勝したスペインと、かつての美しいサッカーというアイデンティティーを捨てて勝利に拘ったオランダ。


 試合は両チームとも粘り強い守備と、キーパーのファインセーブで非常に引き締まった好ゲーム。ただカードが多くて少々荒れ気味だったけど。


結果は前述の通り。。。


 今大会のオランダはこれまでに無いほど冷静で、粘り強く、派手な攻撃も鳴りを潜め、それでも着実に勝利を納めてきた。美しいサッカーはもういい、勝つんだ。結果を残すんだ。と、自らのスタイルを捨ててまで望んだ大会だからこそ、優勝して欲しかった。いや、しなきゃいけんかったんじゃないか。



 ましてや相手はスペイン。これで勝てなければ、やっぱりクライフが、、、ってなってしまうから。


 結果は負けてしまったけど、今大会はオランダにとって重要なターニングポイントになるのではないだろうか?勝ちに拘る堅実なサッカーを続けるのか、原点回帰で超攻撃的サッカーに戻るのか、弱点のDF陣の整備も含めて、今後のオランダに注目していきたい。


 まずはEURO2012!!頑張れオランイェ\(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿