Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2012年3月4日日曜日

カーボントップキャップ

先日、CRCより届いた荷物にはカーボンコラム用のプレッシャープラグが入ってました。コントロールテック製のカーボントップキャップのヤツ。





 インフィニートに純正で付いてたFSAのトップキャップがあまりにもダサすぎて、代用品を探してたんですが、結局のところ安さが決め手でコイツに決まった訳です。コイツはカーボンなのに同じモデルのアロイキャップより1g重いくて、価格は1.5倍という謎の仕様ww エキスパンダー CarbonTi X-PLUGも欲しかったんだけど、高くて断念。チェレステの色もメタリックで微妙だし。

 で、早速取り替えてみた。


 いいではないか~♪青白赤のトリコロールは青を緑に塗り替えちまえば更に良くないか??って、これなら以前ニローネで使ってたDedaのトップキャップが使えるんじゃないか?と気づいた!



 早速、ニローネのフレームから引っぺがして交換作業開始。カーボンからアルミにわざわざ交換するのもどうかと思うけど、まぁ、カッコイイから善しとするw


 よーし!カッコイイぞwww ハンドル・ステム・トップキャップがDeda Elementiで統一されました♪Dedaのデザインっていいよね~。デザインだけじゃなく性能も申し分ないしね。

 ところがここで問題発生!


 トップキャップが浮いてるwww


 コントロールテックのヤツより厚みがあるようだ…。これって機能上は問題ないのかな?でも水とか埃とか入っちゃマズイよね?これだとスペーサーが上下に動いちゃうし…。取りあえず元のカーボンキャップに戻して、後日Dedaの方を削ってみるか。2mmくらいかな。結果報告はまた。

2 件のコメント:

  1. 残念ながら問題…でます。この状態だとスペーサーを後5MM分くらい噛ませないと、ヘッドのガタが出易く為ります。

    返信削除
    返信
    1. やっぱりか…。スペーサー+5mmはビジュアル的にいただけないのでキャップの底を削ろうかと思うんだけど、それでも大丈夫かな??

      削除