Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2011年4月28日木曜日

Garmin EDGE500 【トラブル編】

前回の続きですw


さて、しばらく乗っててケイデンス(回転数)の表示が異常に高い事に気づいた。普通に走っててケイデンス150とか表示されるw ちょっと頑張ると230とかww どんだけ脚回してんの俺www??



MAVICの時の2倍近い数値・・・。明らかにオカシイ・・・。


センサーをリセットしたり、スキャンし直したりしたけど効果はない。マイミクさんにもデータを見てもらったりしたが、こりゃ故障だろうという結論に達した。


初めての海外通販ではずれを引いたな~。


とりあえず交換が可能かCRCに問い合わせのメールをしてみた。


俺「ケイデンスが異常な数値を示すんです。初期不良だと思いますが、交換はしてもらえますか??」とデータの画像を添付してCRCに送信。


返事が来た。


CRC「OH!そいうのはこのリンクから問い合わせて貰えないか、ブラザー??」


メールに添付されてたリンク先はガーミンの日本正規代理店の「いいよねっと」




いやいや、普通海外から買ったものを国内の正規代理店が対応してくれるわけないだろう!と思いながらもFAQ等を読み漁り解決策を探したが見つからず、ダメもとで「いいよねっと」に交換可能かの確認メールをしてみたが、案の定、海外から個人輸入したものは対象外との返事。




そりゃそうだwww




今度はその旨をCRCへメールしてみた。




CRC「OK!それなら送り返してくれないか?記入済のwarranty Formとインボイスの写しを商品に同封してな。おっと!荷物の表面に「Returned Goods, Failed Sale」とかかないと、税関でさらなる料金追加が発生するから、こっちではその荷物の受け取り拒否、返送となっちまうんだ。気を付けてくれよ!



最後に、発送が完了したらその控えと領収書をメールで俺まで送ってくれ!じゃ、よろしく!HAHAHA~♪」



ホントは女性の日本人スタッフが丁寧に対応してくれましたが(笑)


なんかメンドクサイ(笑)


とは言いつつもケイデンスが計れないのは面白くないので手続きしなきゃな~。


と思いながら、繁忙期の俺にはなかなか時間が作れず数週間が経過(爆)



もう受け付けてくれねーだろーなーww

送り返す前に色々試してみようということで、ツイッターやらで情報仕入れてセンサーの取り付け方や位置の調整をやってみた。



前回は本体を下向きにしてスピードセンサーアームをチェーンステーに隠れるように設置してました。







これをこんな感じに。





本体を上にしてアームを本体から離してみた。

見た目が気に入らんが、たぶん考えられる原因があるので・・・。



さてこれで今日走ってみたら・・・。



おおおおお!!!

直ってるwwww



まともな数値の80~90を表示!!



良かった良かった!

これで面倒な返送もしないで済む♪



たぶんね~原因は、ケイデンスセンサー部にクランクのマグネットだけじゃなく、スポークマグネットも干渉してデータとして拾ってたんだと思う。だから2倍ww




マグネットとセンサーの間が5mm以内って書いてたのに、意外と守備範囲広いのね(笑)




それを確かめるための新しい設置位置だったわけです。

スピードセンサーアームを本体から離してスポークマグネットの位置も変更したら見事に問題解決。




これが修正前のケイデンスデータ。


で、修正後。





これで一安心♪

0 件のコメント:

コメントを投稿