Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2010年8月24日火曜日

上腕三頭筋

さて、新しいサドルに替えてから改めてポジション調整の繰り返しですが、昨日あたりから上腕三頭筋に負荷を感じるようになりました。



プルプルします(笑)






上腕三頭筋=二の腕(画像参照)



なぜ腕???



ちと調べてみたらハンドルが近いのでは?という情報をゲット。 ハンドル位置が近いと体が窮屈になり、腕が縮こまって負担が掛かるとの事。 ポンザの時にハンドルを遠く感じてステムを20mm短くして良くなった。 って事はサドル交換で前後・上下等ポジション調整してるうちにサドル位置が前寄りになってたのか?



 改めて股下の計測から見直してみた。


 股下79cm×0.875=69.125



 これがサドル座面からBB軸中心までの目安の距離。


 ビアンキの同距離を測ってみると約72cm。





3cmほど高い…。





うーん、なるほど。


まだ膝に余裕があるからサドルを上げてみたが、一度戻して…っつーか前より低いなこの数値は。まぁ、でもやってみよう♪ぶっちゃけ俺の身長からするとクランク長170mmってのも短い気がするんだが、これは簡単に替えれないのでサドル位置で調整しなきゃいかんし。


あ、クランクと言えば話が逸れるけど、今月の自転車雑誌に載ってたLOOKの2011モデルに搭載されてる「Zed.2」ってクランクシステム凄いな~♪


クランクとBBまでカーボンの一体成形で重量は390gくらいだったかな?軽すぎ!!しかもPCD110mmと130mmにも対応出来て、クランク長もペダル取り付け穴のオムスビ型のアダプターを回すことで2.5mm刻みで調整可能。こんなん欲しいな~♪


んで、二の腕の疲労感の原因と思われるサドルとハンドルの距離をどうするか。近いなら後に下げればいいんだけど、取りあえずサドルを69.125で調整して走ってみてから前後の微調整ですね。





ついでにフォームも見直し。





お、そろそろ風呂入って寝るか。

0 件のコメント:

コメントを投稿