Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2015年5月8日金曜日

甦れイーグル!!

Bianchiの全てのフレームのトップチューブに燦然と輝くイーグルのエンブレム。昔はペイントだったりステッカーだったりしましたが、現在はほぼ全てが銀色の立体的なエンブレムが貼り付けられています。

「DIARY OF A MADMAN」より拝借
私のインフィニートも例外なく同じエンブレムが貼ってありますが、購入から約4年も経過すると端々から少しづつ剥がれてきてしまっております。ちょっと前に瞬間接着剤で適当に補修したりもしましたが他の場所もぺら~っと・・・。
このままではいつの間にか剥がれ落ちて紛失してしまう可能性もありますので、意を決して貼り直す事にしました。

という訳で今回はBianchiのエンブレム貼り直しを記事にします。

張り直すと決まればまず最初に行う作業は接着方法の選択です。

屋外で使用する自転車なので耐候性にすぐれ曲面にも対応できる接着方法が必要ですね。ホームセンターで物色した結果、今回の作業に白羽の矢が立ったのはこちら。

3M Scotch®
強力両面テープ(自動車用)


安心の3M製で自動車のエンブレムの補修用に!と謳っております。最適じゃないですかね♪透明なテープと迷いましたが耐候性重視でこちらを選択。

さて、先ずはエンブレムの現状を見てみましょう。


完全に全方位から剥がれて浮いちゃってます・・・(^_^;)


エンブレムを破らないように丁寧に剥がして・・・。


糊??だけ残りました。光学迷彩か?w


それも手で綺麗に剥がれましたのでパーツクリーナーで綺麗に仕上げます。エンブレムの無いヘッドチューブ、ちょっと新鮮ですねw


剥がしたエンブレムもパーツクリーナーで脱脂した後に中性洗剤で洗浄後乾燥。綺麗になったらエンブレムの裏側に両面テープを貼って行きます。


幅15mmの両面テープが三列で隙間なく貼り合せます。真ん中から合わせて貼れば良かったかな?


次に余分な両面テープをカットしていきます。
テープがスポンジ状で柔らかいので細かい所がクッソ難しいwww


ナイフでは限界がwww
デザインナイフからハサミに選手交代しますw


切り絵漫談のようにチョキチョキチョキチョキ・・・。
2人の英雄の力をかりてなんとか切り出せました・・・。細かい所を見ると雑ですがもう無理w


裏側はこんな感じです。


それではヘッドチューブに貼り付けましょう。
マスキングテープで適当に(笑)場所を決めます。


サクッと貼り付け完了w
説明書に「3秒以上指で強く押し付けてください。」とあるので全面を万遍なく押し付けて圧着。


Bianchiイーグルが甦りました!!


横からのアングル。テープの厚みが0.8mmですのでさほど気になりませんね。


初めての作業にしては上出来じゃないでしょうか?あとは1日安静にしておけば完成です。これでわが軍はあと4年は戦える!!w

え??
エンブレム売ってるって??

いや、あれ高いのでwww


0 件のコメント:

コメントを投稿