Adventure Cycling Europe

Adventure Cycling Europe
自転車で憧れのヨーロッパを駆け抜けよう

2010年10月21日木曜日

奄美豪雨災害


凄いな…。


これほどの被害が出るなんて思わなかった。


頻繁に台風の通る海域ではあるが、台風でもこんな酷い状態になった事は記憶にない。



 月曜からの二日間で約800mmの雨。10月の月間降水量の三倍もの雨が二日間で降ったらしい。台風と前線の影響で観測史上最悪の記録になってしまった。


 各地で土砂崩れが発生(30数ヵ所)して道路は寸断。固定電話も不通、携帯もつながらない地域が多く、情報がかなり不足していて救助&復旧活動がなかなか進まない状態が続いてます。鹿児島から海上保安庁の巡視船や陸上自衛隊が派遣されていますが、上記のように情報不足と二次災害の恐れから満足な活動は出来ていない様子。mixiの奄美コミュでも色んな情報が飛び交っています。


 ニュースを見てると南部の被害が大きいらしく、NHKのトップニュースでも報道されている。確かに心配ではあるが、ヤッパリ一番気になるのは実家のある北部・笠利町の様子。龍郷で通行止めのため、笠利への道路はほとんど閉鎖されているらしく電話も携帯もつながらないし全く情報がない。大して被害がないからニュースにならないのか…。それならいいが…。


実際、昨日から実家とは電話が繋がらない状態が続いてます。

かろうじてメールの苦手な母から来た2通のメールの内容は…。




10月20日午後9時頃




「7時40分やばい 8時30分ついに川があふれ庭に 電話電気使えない」




 電報かよwwと突っ込みたくなるような文章だけど、それどころではない。家の目の前は小さな用水路が流れてて、それが溢れたのだろう。床下浸水したのだろうか?公民館に避難するよう返信するも、その後返事はなし…。




10月21日午後6時頃




「大丈夫だけど、裏山は崩れてた」




 大阪の姉経由で連絡が来ました。無事なようだが、姉が返信しても返事は無いようだ。って、あの裏山崩れたんか!!大きな山ではないが想像したことないぞ!!家と裏山の間には畑があるから直撃はしてないだろうが、どんな状況なんだーー!!




引き続き電話するも繋がらず、メールも返事なし。

まぁ、連絡あったから一安心…。




 奄美の土壌ってほとんど赤土で粘土状だから崩れにくいはずなんだが、さすがにこの雨量じゃ限界を超えたか。流れた土砂でトンネルが塞がれてる場所もあるみたいだし、復旧は大変だな。




友人にも連絡取ってみたが、みんな無事のようだ。

でも出勤したは良いが帰る事ができずに会社で飲んでるヤツがいたりwww

さすがというか、なんというか(笑)




郊外の大型スーパーで車が故障して、道路も通行どめで帰れず駐車場で2泊目突入のヤツとかwww




地方にくらべて名瀬市街地は比較的被害は少ない様子。




うーん。

陸続きならすぐにでもとんで行くのに…。

もちろん飛行機も全便欠航。復帰の目処も立っていないようだし。





救助に行かれてる皆さん、島の皆さん、頑張ってください!!

取りあえず第一に電話回線の復旧を!!

0 件のコメント:

コメントを投稿